DEPARTMENT

腫瘍科

アイコン_腫瘍科.png

  腫瘍科の紹介

腫瘍は、状態が悪くなった時の検査で見つかるだけでなく、生活の中で体表や口の腫れに

気が付いたり、健康診断で偶然発見されたりすることがあると思います。しかし、そうい

う”しこり”が必ずしもすべて”悪性腫瘍=がん”ではありません。私たちはまずそのしこりの

正体を突き止め、もし悪性だった場合には全身への転移を正しく評価するように診察を行

います。具体的には生検によって病理診断を行い、レントゲン、エコー、CT、MRI、内視

鏡などの画像検査によって病変の拡がりを評価します。その上で、手術、放射線、抗がん

剤を3本柱として、これらを単独、もしくは組み合わせた治療を行います(放射線治療は

専門病院へご紹介します)。しかし残念ながら、腫瘍の悪性度が非常に高かったりすでに

転移していたりして根治が困難なことがあります。そんな時にも治療をあきらめるのでは

なく、飼い主様が腫瘍のことをしっかりと理解しちゃんと病気と向き合える時間を作って

いけるようにサポートいたします。

  特徴と強み

当院腫瘍科の特徴は、診断のためのあらゆる検査から、手術や抗がん剤を用いた治療まで

を、一つの診療科で一貫して実施することです。がんと闘うためにはさまざまな治療法を

組み合わせる必要がありますが、内科・外科それぞれに分かれて治療を行うと転科に時間

を要したり、診療科間で十分な情報共有ができないおそれがあったりと、ベストな治療が

行えなくなってしまうことがあります。一つの科内ではそういった問題を解決できますし

、そして何より、診療を継続していくことで飼い主様や症例と信頼関係を築くことができ

ます。がんを患った愛犬・愛猫に対する不安が少しでも和らぐよう、幅広い専門的な知識

・技術だけでなく、誠意を持ってご家族様と向かい合います。

ピットブルの肖像画

   岩﨑 遼太

(いわさき りょうた)

担当獣医師

H20年 帯広畜産大学卒
R2年 博士(獣医学)(岐阜大学大学院連合獣医学研究科)
岐阜大学応用生物科学部獣医分子病態学研究室助教
第1種放射線取扱主任者
日本獣医がん学会獣医腫瘍科認定医Ⅱ種
専門分野:腫瘍内科、腫瘍外科、放射線治療、画像診断