BEFORE EXAM

検査前にして頂くこと

1. 絶食・絶水について 麻酔をかける検査の場合、動物のリスクを減らすために診察・検査の12時間前からの絶食、3時間前からの絶水をお願いしております。 ※ 絶食・絶水をされていない場合は、診察・検査が中止となる場合があります

2. 麻酔前検査について 麻酔を伴う検査の前には、主治医にて検査日より1週間以内の麻酔前検査(血液検査やレントゲン検査、その他必要な検査)をお済ませください。 ★ 検査結果は当日ご持参ください。 麻酔前検査が実施されていない場合は、当日検査させていただきます。 ★ 麻酔前検査の結果、異常がある場合はご予約頂いた麻酔が必要な検査をお断りする場合があります。

3. 麻酔リスクについて MRI検査・CT検査・内視鏡検査・脳脊髄液検査・電気生理学的検査は必ず全身麻酔下にて実施されます。 何らかの異常を認める動物に対して麻酔をかけ検査を行うことになりますので、容体が急変する可能性があります。 当施設では安全性の高い麻酔方法を採用し万全の体制で検査に臨んでおりますが、残念ながら100%安全な麻酔はありません。 不足の事態により脳死状態に陥る、あるいは死亡するといった不慮の事態が起こる可能性もありますが、突発的な不慮の事態が生じた場合は検査を中止し、速やかに対処・治療を行います。 ★ 緊急の処置に伴う費用は、別途請求させていただきます

4. 検査時間・ご精算について ★ 検査時間について 検査の種類によっては、長時間に及ぶ場合があります。時間に余裕を持ってご来院ください。 また、麻酔の覚醒状況によって時間がかかる場合や入院が必要な場合があります。 ★ 費用の精算について 診察・検査にかかる費用は当日お帰り前にお支払いいただきます。(現金またはクレジットカードご一括となります) ※ 検査の結果、そのままの手術・入院・その他の治療が必要な場合も、診察・検査費用については当日お支払いいただきます。

5. その他 ★ 予約日時の厳守 当院は完全予約制です。予約日時の厳守をお願い致します。やむを得ず遅れる場合やキャンセルされる場合は速やかに当施設にご連絡ください。 無断のキャンセルにつきましては、キャンセル料が発生する場合がありますのでご注意ください。 ★ 麻酔処置に伴う事 麻酔処置・及び検査中の点滴などに伴い静脈に留置針という柔らかい針を設置します。その際、被毛の一部を刈らせていただくこと ありますので、ご了承ください

★ 往復の移動によっても容体が悪化する可能性があります。特にお帰りの際は、麻酔覚醒直後のため動物の容体に十分お気をつけください。