TRAINING

インターン・レジデント

   インターン・レジデント プログラム

当院に3年間常勤勤務医として所属し、総合外科医として自立するためのトレーニングプログラムです。

採用時に獣医師免許取得後2年目以降の方を対象としています。応募条件の詳細はリクルートページをご参照ください。

日々の診療やカンファレンスを通して、優れた総合外科医を育成するため、診療科の垣根なく各分野の専門家が指導を行います。

神経科・呼吸器科・整形外科・軟部外科、総合診療科が連携して教育を行います。

トレーニング後に現在の病院に戻り外科担当医として活躍したい方、開業前に総合的な外科の力を付けたい方、二次診療施設で

外科専門医として活躍したい方を支援するプログラムです。専門医取得、認定医取得、博士号取得を目指す方のサポートもします。

      インターン

1年目はインターンとして、各分野の診断の理論と外科治療の基礎を学びながら、手術助手に入って外科手技を学びます。

      レジデント

2年目はジュニアレジデントとして、各診療科主任の指導の元、基本的な手術を執刀することで、手術手技を習得します。

最も大事にしているのは術前カンファレンスです。術前カンファレンスでは、実際の手術をどのように行うのか指導医と

レジデントがディスカッションします。このプロセスを通じて、手術の進め方をイメージし、実際に執刀するための綿密

なプランニングが立てられる力が付きます。実際に手術を行うと全てがプラン通りには行きません。手術中にどのように

軌道修正をするのか、リカバリー能力を身につけることも外科医として重要なことです。実際の手術を通して、このリカ

バリー能力を体得します。また術後には指導医とともに手術を振り返り、課題を洗い出し、次の手術へとつなげていきま

す。


3年目はシニアレジデントとして、高度な外科手術を執刀医として経験し、自立した外科医としての実力をつけます。

シニアレジデントはインターンやジュニアレジデントの指導にもあたります。教育を通じて、自信の理解力を確認する

ことが出来す。また勉強会での講師、学会発表、誌面発表にも積極的に取り組み、将来当該分野を牽引する外科医とし
てのポジション形成にも力を注ぎます。

​     お問合せ​  総務担当: 岸田 

AR Learning Center TOPへ