GREETING

ごあいさつ

神志那弘明・応用生物科学部・16241521のコピー_edited_edited.jpg

ご挨拶 

KyotoAR動物高度医療センターは、2009年にKyotoAR獣医神経病センターとして設立さ

れ、現在までに約1万頭の動物の診療をさせて頂きました。これまで神経病に特化した診

療を行って参りましたが、2022年11月から総合二次診療施設として再スタートすることに

なりました。地域動物医療の中核病院として高度先進動物医療を提供し、また次世代の若

手獣医師や動物看護師の育成を行うセンターを設立致します。今後は神経病のみならず、

様々な疾患を抱える動物の診断と治療を実践し、動物、飼い主様、開業動物病院の先生方

のお役に立てるよう、スタッフ全員で取り組んで参ります。                                

センター長

​神志那 弘明

当センターの強み

当センターは低侵襲外科治療(動物に負担の少ない手術方法)を最も得意としています。

また近年では顕微鏡下手術、脊椎内視鏡下手術、胸腔鏡下手術など、鏡視下手術にも力を入れています。また、手術後のフォローアップも大切にしており、獣医師と看護師が連携して治療にあたっています。手術後だけでなく、入院動物のストレスを軽減できるよう、またご家族の気持ちに寄り添えるようスタッフ一同看護ケアに力を入れています。