椎間板ヘルニアの手術

当院では、神経病の中で最も多い椎間板ヘルニアの手術に対して、可能な限り手術の傷を小さくする努力をしています(執刀医、病気の状況によって異なります)。この理由として、椎間板ヘルニアの治療は手術だけではなく、手術後のリハビリテーションも重要と考えているためです。小さな傷口であるほど、手術後早期に体への負担が少ない状況でリハビリテーションを行うことができると考えています。手術について、何か疑問点がありましたら遠慮なくお問い合わせください。
以下には手術の傷跡や椎間板物質の摘出動画を掲載しています。動画では、ライトの動きによってご気分が悪くなることがありますので、ご注意ください。

胸腰部椎間板ヘルニア

頸部椎間板ヘルニア

摘出椎間板物質

セミナー・講演

セミナー・講演のご依頼をお受けすることができます。講演内容は獣医神経疾患に関連する内容やMRI検査に関連した内容など、その都度ご要望にお応えいたします。講演費用や講演内容などのご相談は、KyotoAR獣医神経病センターまでご遠慮なくご連絡ください。