椎間板ヘルニア:119番

KyotoAR獣医神経病センターでは、事前にご依頼を頂いていた場合には、「MRI検査後にそのままの麻酔で椎間板ヘルニア(頸部・胸腰部)に対する外科的治療」を行うことができます。

1度の麻酔で「検査・診断・治療」を行うことができますので、ご家族や動物に対しての負担が軽減できます。外科的治療後の入院・治療に関して、ご家族や主治医の先生のご要望に対応することもできますのでご相談ください。


※慎重な説明などが必要な場合には、上記の限りではありませんのでご了承ください。

※検査日時によっては、そのままの麻酔での外科的治療ができないこともありますので、予約時にご確認ください。

セミナー・講演

セミナー・講演のご依頼をお受けすることができます。講演内容は獣医神経疾患に関連する内容やMRI検査に関連した内容など、その都度ご要望にお応えいたします。講演費用や講演内容などのご相談は、KyotoAR獣医神経病センターまでご遠慮なくご連絡ください。