施設・設備案内

施設案内図

受付

待合室

入院室

第1診察室

第2診察室


手術室

MRI検査室

2Fセミナールーム

MRI(磁気共鳴画像)検査装置

日立メディコ社製
・脳や脊髄などの中枢神経系を画像として視覚的に捉えることができる装置です。構造的な変化のみならず、質的な変化(浮腫・炎症など)を捉えることが可能です。

MRI検査の詳細はこちら

電気生理学的検査装置(ニューロパック:MEB 9400)

日本光電社製
・末梢神経の異常や筋肉の異常を電気的に捉える装置です。この検査により、運動神経や感覚神経の異常、神経根部の異常、神経筋接合部の異常、筋肉の異常等を検査することが可能です。また、聴覚の検査を行うことも可能です。

電気生理学的検査の詳細はこちら

脳波検査装置(EEG-9100)

日本光電社製
・脳波を電気的に捉える装置です。てんかんの鑑別や発作焦点の位置を評価することが可能です。

動物用超音波手術器(SonoCure)

東京医研製
・組織を超音波にて乳化し、細い血管を切らずに手術を行うことが可能です。脳腫瘍や脊髄腫瘍などの手術時に用います。これにより、少ない出血量で腫瘍の切除が可能となります。

麻酔システム(Fabius MRI)

Draeger社製
・MRI環境で使用できるように特別設計された、麻酔機です。本機器では従量式・従圧式・プレッシャーサポート・SIMV/PSなど広範囲の換気モードにアクセス可能であり、症例の重症度に応じて最大レベルの呼吸ケアが可能です。

MRI用パルスオキシメーター(Model 7400FO)

スター・プロダクト社(NONIN社製)
・脈拍数および酸素飽和度を測定する機械です。強力な磁場の発生するMRI検査室での測定が可能であり、安全な呼吸状態を監視することができます。

エアーコンプレッサー(dry-a)

ACOMA社製
・空気を送気することができる機械です。長時間の100%酸素の吸入は生体に「酸素中毒」と言われる有害作用を呈します。長時間のMRI検査や手術時の麻酔の際に「エアーコンプレッサー」を用いることにより、100%酸素と空気とを混合することが可能となります。これにより、送気の酸素濃度を調整することができ、生体へ有害作用を予防することができます。

動物用生体情報モニタ(AM130 TYPE-B)

フクダME工業社製
・生体に関する情報(心拍数・酸素飽和度・血圧など)を視覚的に提供する機械です。これにより、生体の時系列的な変化などに対応することが可能となります。

動物用生体情報モニタ(BSM-2391 ライフスコープi)

日本光電社製
・生体に関する情報(心拍数・酸素飽和度・血圧など)を視覚的に提供する機械です。これにより、生体の時系列的な変化などに対応することが可能となります。

全自動血球計数器(MEK6358 動物用Celtakα)

日本光電社製
・血液の赤血球や白血球などの一般成分を計数します。これにより、貧血の有無や炎症状態などを把握すること可能です。

血液化学検査装置(DRI-CHEM 4000sV)

FUJI FILM社製
・血液の化学的成分の分析することが可能な装置です。肝臓や腎臓の状態のみではなく、脂質や糖の代謝などを把握することが可能です。また、急性の炎症を示唆するCRP(C-反応性蛋白)の測定も可能です。

動物用血液凝固分析装置(COAG2V)

WAKO社製
・血液の凝固能を分析する装置です。凝固能は、出血時に血液を固めて止血できる能力を指します。この検査により、手術時の出血に関するリスク・脳内出血・脳梗塞などの原因に凝固能が関与していないかどうかを確認することができます。

X線画像読み取り装置(CR:REGIUS Σ)

コニカミノルタエムジー社製
・コンパクトで高機能なデジタルX線画像読み取り装置です。X線検査後のスムーズな画像処理能力があります。

マイクロハイスピードドリル(Surgic XT)

ナカニシ社製
・外科的治療時に用いる機械です。先端ドリルの高速回転(40000回転/分)により、骨の切削を行います。

小動物医療用水冷式高性能ICUシステム(アルタス2 ICUステーション)

太陽電子社製
・小動物に対して、酸素管理や温度・湿度の調整が可能な高性能なICU装置です。

セミナー・講演

セミナー・講演のご依頼をお受けすることができます。講演内容は獣医神経疾患に関連する内容やMRI検査に関連した内容など、その都度ご要望にお応えいたします。講演費用や講演内容などのご相談は、KyotoAR獣医神経病センターまでご遠慮なくご連絡ください。